治療のながれ

STEP1初診相談(約30~60分)

患者様のお口の状態で気になっている所の相談や矯正治療の概要(治療の方法、期間、料金、装置の種類、注意事項)等についてお話しします。

基本的に先生と直接お話ができる機会となりますので、親御さんが気になっている所や本人が気にしている所、治療について聞きたい事等は事前に共有しておくと、相談がスムーズに進みます。

01

STEP2検査(約30分)

基本的な検査内容は以下の項目となります。
◆口腔内診査
◆口腔内・顔面撮影
◆レントゲン
◆歯型
◆噛み合わせチェック

これらの記録を元に、現在のお口の状態や問題点を把握し、治療方法の計画を立てていきます。

02

STEP3診断(約30~60分)

検査で採取した資料を用いて現在の状態を説明するとともに、治療計画を提案します。
いくつか治療方法がある場合は、それぞれの治療方法のメリットとデメリットについてきちんと把握しましょう。
使用する矯正装置や治療方法等、患者様の希望に沿って治療計画を立てていきます。

診断後、矯正治療の同意を得た後に治療の契約を結ぶ医院がほとんどです。
この段階で、治療についての不安や不明点、治療期間、料金、支払方法等きちんと確認を行い、疑問点が残らないようにしましょう。

03

STEP4治療(約2年)

矯正治療を始める前にむし歯がある場合は事前に治しておきましょう。

治療が始まると約4週ごとに通院することとなり、治療期間は約2年間です。
1回の治療時間は約30分程度が一般的です。

矯正装置を付けたら、装置の注意点や歯磨きの仕方の説明を受け、歯磨きの方法を習得しましょう。装置が付くと口腔内の細菌数は約2~4倍になり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。きちんと歯磨きを行いましょう。

04

STEP5保定(約2年)

矯正治療終了直後は、歯や骨が不安定な状態であるためそのままにしておくと、歯が動いてしまいます。
保定装置(リテーナー)を使用し歯や骨が元に戻らないように安定させます。
後戻りを防ぐために保定装置をきちんと使用しましょう。

保定装置は取り外し式の物や固定式、目立たない物等タイプが様々ありますので、種類については先生と相談してください。

保定装置の装着時間は、最初の頃は1日24時間の使用となりますが、徐々に短くなっていきます。装着時間は先生の指示を守りましょう。

04